上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おこんばんは~。

ポルノスターの花畑です。

本日、GBWC日本大会表彰式に行ってきました!

前日、濱オフ残党の薄汚れた飲み会で痛飲してしまい少し二日酔い気味だったのですが、これぐらいの方が壇上でのパフォーマンスにも拍車がかかるだろうとそのまま行きました。

一人だとプレッシャーに押し潰されてパニック症候群が発症するので、付き添い2名までOKということで、前日の飲みで酒癖の悪さに磨きがかかっていたアムユさんと昨日残党飲みよりも布袋のライブを選んだ弦太郎さんの二人に同席してもらうことにしました。おかげで待ち時間も緊張することなく過ごす事ができました。

そして式が始まって、川口名人の挨拶やら何やらの後、エントリー作品がスクリーン上に順番に映し出されました。製作者名と作品タイトルコールされて何やえらい緊張してきて喉がカラカラ。水飲もうと思ったのですがトイレに行きたくなったら困るので我慢しましたが、おしっこを飲めば良かった!そして俺のタイトルは感情込めて「飾りじゃなかったです!」とか言ってくれるかなと思ったら、普通にさらっと読まれて肩透かし。

そんなこんなでジュニア部門の発表から。
優勝は畑めいちゃんの作品!
wj1294_20130901222151_264_file1[1]

お見事三連覇!
やっぱり作品の出来以上の何かが伝わってくるもんね。この人の作品は。
壇上に上がる姿も女王の風格が漂ってましたよ。
おめでとう!

そしてとうとうオープンコース発表第3位から。

恐れ多くも入賞できるなら、ここ、インパクト点とかオモシロタイトル点とか稼いで、ここ、3位しかないと思っていたので無駄に緊張が上がる。

名前呼ばれたらガッツポーズしながら飛び上がって両手を挙げて、弦さんとアムちゃんと握手して・・・とか昨日YouTubeで見た尾崎紀世彦がレコード大賞取った時のイメージを回想してたら・・

「三輪一樹さん Fall!!」
wo1045_20130809191604_369_file1[1]


・・・・・。

ということで俺の心もフォールでした。

いやでも、一瞬を切り取ったアーティスティックな作品。
心打たれます。
おめでとうございます!

そして次に2位の発表。
これ以上はないわと思っていたので、もうここで一気に緊張がほぐれる。
ちょっと饒舌になって隣の弦さんとお喋りしちゃう。はは。

「2位は 今日のわたしは阿修羅すら凌駕する存在だ! 渡邊一雄さん!」
wo1179_20130830213807_446_file1[1]

おぉー!
これは私のベスト3に入っていたのでめっちゃ納得。
写真見てて、実物どないなってんやろう?と設営日に見てびっくり。
壁が森か~。ちゅうか地面を3面使ってあらわしとるんかと驚かされました。
製作者さんが大阪の方ということで、同郷モデラー万歳!
おめでとうございます!

そしてとうとう1位。
まぁここはこの作品だとずっと信じてたので。
それを確認するだけ。
この発表の瞬間を味わったろう。そんな気分でした。

「優勝は 宇宙世紀最強の機体! 山内俊平さん!!」
wo1177_20130830185108_482_file1[1]

きたーーーーー!!!
今年これが優勝しないでどれが獲るねん!
てなことを飲み会で散々言ってた私。
とうとうこの瞬間が来た!

もう大納得。

バンダイもわかってるね~。
第一回、二回の世界チャンピオン作品とか見てて、確かにすごいけどガンダムかなにかわからん大型改造の風潮はもうええやろっていう空気が製作者にもバンダイ側にもあると思っていて、ケロロさんの改造しないで既存キットパーツの組み合わせだけで魅せるナイチンゲールとか、立石さんの素組み簡単仕上げとか敗者復活で川口名人が選んだ旧ザクなど日本大会決勝エントリーされた作品みてもそれが感じとれると思う。実は私も思っていたのですが作ったジオング見たら説得力ないですね。まぁこれは私自身の作るブツのタイミングもありまして。まぁ決勝行ったからいいや。

そんな中で、一目で何のMSかわかるミニマムなシルエットで究極に魅せる作品。

と考えたらシュンさんのνガンダムしかないよね。

ほんと優勝して嬉しかったです。

まぁGBWCの今回の風潮とか関係なく、この作品は飛び抜けて素晴らしいものですけど。


そして発表の瞬間鳥肌ぼうぼうで、シュンさんは私より後ろに座っているの知っていたので、振り返る。あれ?まだ立ち上がらないぞ。あっ立ち上がった。壇上に向かう。私の横通り過ぎる時、少しこっち見てくれる。思わず私コブシを上げる。やった!

壇上に向かうシュンさんの後ろ姿、登ってからの表情にも喜びはない。
どっちかというと安堵の表情。それと日本代表になった重みを噛み締めてる感じ。

まるで、第二次UWF旗揚げのリングで前田日明が「選ばれし者の恍惚と不安。二つ我にあり。」とマイクしたそんな感じ。(わかりにくい)

なんかシュンさんの表情見てたら泣けてきた。いやマジで。
モデギャラで1位とかとって、ネットモデラー界じゃ知らない人いないぐらいの作品。
他でダントツの評価取った作品をこういうコンテストに出すプレッシャーって半端ないと思う。
周りからも優勝して当然ですよという空気の中、多分、GBWC中は俺なんか想像できない様なプレッシャーの中で過ごしてきたと思う。

あぁもうあかんわ。俺泣くわ。この時の気分。

シュンさんとは、2月のずをコンで始めてお会いしてろくに話しかけることも出来なかったのが、静岡HSで私のジオングに目を留めていただいて、その後飲み会したり、お互いGBWC参加とわかった時に決勝で会おうぜなんてふざけて乾杯したらその通りになって、決勝前には凄いモデラーさん集めて壮行会していただいたりとか設営日や会期中は一緒に決勝作品を見て回ったり。。なんか壇上のシュンさんの表情見てたら走馬灯のようにそれらが浮かんで、あかん、俺泣くわ。

いや泣かない。だって男の子だもん!
でも泣ける!無理!泣いちゃう!

ってな馬鹿なやりとりが頭の中でグルグル回ってました。


シュンさん、本当におめでとうございます。
そして世界大会では、ガンプラというホビーの発祥の地である日本代表として、世界に向けてこのνガンダムをブチかましていただきたい!
心より応援しております。







てな感じでですね。

締めようかと思ってたんですがね。

不思議なことにね。

時間が経ってくるとフツフツとある感情も浮かんでくるわけですね。



悔しーーーーーーー!!!
チクショーーーーーーーー!!!



特にこのジオングは静岡HSで濱オフメンバーに固定を手伝ってもらったりとか、私は製作途中でtwitterでブツクサ言いながら作ってるんで、その時のフォロワーさんのリプライをモチベーションにしたり。またオフ会での皆のアドバイスを元にしたり、色んな人に関わることで完成することができたのですよ。完成後も写真や展示を見ていただいた人からコメントいただいたりして。

表彰式後にtwitterで「入賞ならず」と結果ツイートしたら、とてもたくさんの人からリプいただいて。
本当このジオング優勝させたかった!いや!優勝は無理!
入賞させたかった!

でもそれには足りないものがあったわけで(自分でもわかってる、工作の精度とか仕上げの丁寧さとか)。
今後はそういう部分を向上させながら、プラモやっていこうと思いました。本当に。
多分。

これからも皆様お付き合いの程よろしくお願いいたします。

とにかくお疲れジオング。

「飾りじゃなかったです!」
名称未設定 1のコピー
スポンサーサイト
覚えているかい~少年の日のことを~♪

思い出したくない!痛い!奥歯が痛い!

今晩は。セクシーゾーンの花畑です。

え~久々にブログ更新したかと思ったら、自慢です。

そう自慢です。

GBWC(ガチンコベッキーワイルドチンポ)の日本大会決勝に進出することができました!

GBWC2013 日本大会 2次審査通過作品発表
やった~。

いや~ほんとこの大会には思い入れがあって、ガンプラ復帰した時にこれが始まってこりゃワシの為の大会やで、とか思ってはじめて改造して応募したら2次予選で落ちて、その時決勝見にいって、あんなに真剣にガン見されて羨ましいわ~ワシもいつかあそこまで行ってみたいもんですわってことで、その後オフ会中心に活動してその流れで応募した去年も2次予選で落ちて、こんなもんかと思ってたら同じサークルのあばずれちゃんが決勝行ってなんじゃそらっつって、今年はほんま最初からこの大会の決勝に照準合わせてひたすらやってきたんですよ!って、こんな話してたら私とお酒飲んでくれてる人達はまたこの話かよとページ閉じられるのでこの辺にしておきます。

夢が叶った!でも、まだ終わってません。

11月21日から24日の間、東京秋葉原UDXにて「ガンプラEXPO2013」が行われます。
その中でGBWC日本代表決定戦として、私の作品が展示されます。

決定戦進出者の錚々たる顔ぶれと作品を見ると、私がその中にいるなんて何かの間違いじゃないかと思ってしまいますが、本当のようです。漏れます。

皆様、是非見に行ってやってください。

そして全作品から漂うガンプラの熱さを感じてください。
感じるはず!ビンビンに!

今はその本番に向けて、作品の化粧直しをしておきたいと思います。
ポンポンとね。それではみなさん会場でお会いしましょう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。